ハワイ起業・ハワイ法人設立 > アメリカでの株式会社設立の意味

ハワイ起業・ハワイ法人設立代行

アロハロードのハワイ情報 ハワイ起業・ハワイ法人設立代行 ワイキキ・レンタルオフィス ハワイ移住・ビザ取得サポート グリーンカード抽選DVプログラム

アメリカでの株式会社設立の意味は・・・

アメリカ合衆国は、最低資本金制度(資本金$1〜でも可能)がなく、設立にかかる費用も低額で役員一人からでも大丈夫なので、副業や新規事業立上げで気軽に会社を設立できます。

この事が多くの起業家やベンチャー企業が生まれ育つフロンティア精神の米国の制度と、起業家やベンチャー企業・ベンチャービジネスが生まれ育たない日本の法制度との大きな違いを生み出す原因となっておりましたが、日本国内では2006年5月1日より会社法が施行され 「最低資本金制度」 が全面撤廃、資本金0円でも会社設立が可能になり、起業への自由度が向上した事には間違いありません。
 これにより、国内で低資本金による多くの会社が設立される事と思いますが、弊社がご案内する 「米国に株式会社(本社)を設立し、日本の法務局で支店登記」 を行い、外資系米国企業 (株式会社)というステータスを利用して、日本国内で特色のある会社として事業展開 してはいかがでしょう。

米国会社を日本支店登記する・・・

米国に法人(本社)を設立し、日本国内に支店として登記する場合は、
 「外国会社の登記(会社法第933条〜第936条)」の「外国会社の営業所登記」
という方法で、法令に遵守して「日本における同種の会社又は最も類似する会社の種類に従い」法人登記を行います。(弊社サービスは、株式会社)

会社法では、「外国会社は、日本において取引を継続してしようとするときは、日本における代表者を定めなければならない。この場合において、その日本における代表者のうち一人以上は、日本に住所を有する者でなければならない。(会社法 第817条)」 と規定しています。

最近では、横文字名の会社・商号が増えていますが、世の中のグローバル化に伴い非常に多くの海外企業が日本へ進出し、支店としての法人登記を行っています。
すから、同様に米国で設立したあなたの会社も外国会社の支店として登記すれば良いのです。
支店登記費用と登録免許税で、法人格を取得でき、日本国内で合法で会社運営が出来るのです。これにより、日米両国に会社が立ち上がる事となります。




■ 会社設立に必要な費用一覧

※会社設立に掛かる費用の比較表を用意しましたので参考にして下さい。

日本

米国

法人格

株式会社

ハワイ法人+日本支店登記

定款印紙

40,000円

なし

認証手数料

50,000円

料金に含む

定款謄本証明書

1,250円

-

登録免許税

最低150,000円〜

90,000円

資本金

(制限なし、残高証明)

最低制限なし

出資保管証明手数料

25,000円

なし

司法書士手数料

10万円〜15万円

料金に含む

印鑑(代表印・角印)

3万円〜5万円

料金に含む

設立者の責任範囲

有限責任

有限責任

設立費用合計

約45万円

34万円+登録免許税9万円

サービス内容と料金


ハワイ法人設立トップページ

なぜ米国に会社を設立?

米国での会社設立の意味
なぜ米国ハワイ州なのか?
ハワイ法人設立のメリット&デメリット

ハワイの株式会社設立概要

ハワイ州会社登記の詳細
コーポレートキット
口座開設と運営・維持

外国会社の日本登記概要

外国会社の日本登記詳細
日本登記完了後の届け出
日米の納税申告・経理

法人設立サービスの内容

ハワイ法人設立の準備
登記完了までのスケジュール
サービス内容と料金表
ハワイ法人年間維持更新
質問と回答Q&A

お申込みフォーム

ハワイ起業プラン
ハワイ法人設立プラン
ハワイ法人+日本登記

ハワイ法人設立の付帯サービス

ワイキキ・レンタルオフィス
ハワイ移住・ビザサポート
抽選永住権DVプログラム

弊社のご案内
特定商取引に関する法律
お問合せフォーム

弊社でご提供しますサービスは・・・
ハワイでの起業をお考えの方向け、ハワイ法人設立後、将来の日本登記をお考えの方向け、それぞれプランに応じたサービスをご用意しております。お気軽にご相談下さい。

米国ハワイ法人設立のお問い合せフォーム

このページの先頭へ戻る
ハワイ情報の事ならアロハロードへお任せ下さい!