ハワイ起業・ハワイ法人設立 > なぜアメリカ合衆国ハワイ州なのか?

ハワイ起業・ハワイ法人設立代行

アロハロードのハワイ情報 ハワイ起業・ハワイ法人設立代行 ワイキキ・レンタルオフィス ハワイ移住・ビザ取得サポート グリーンカード抽選DVプログラム

なぜアメリカ合衆国ハワイ州なのか?

法人・会社というものの概念は世界共通で「会社設立準拠法」という法律があり国によって会社をつくれる条件が違います。日本国内で何も問題なく会社を設立できることが理想ですが、条件が合わなければどうにも成りません。
しかし、会社をつくるのに、日本で設立しなければいけないということもないのです。

例えば、こんな条件の国はいかがでしょう、【最低資本金の額の設定がなし・定款の認証不要・役員1人からOK・その国の居住義務なし】 このような法律の国は世界中には沢山あるのです。

そんな国々がある中で弊社がお薦めするのが、アメリカ合衆国です。
皆様もご存知の通りアメリカ合衆国は世界ナンバーワンの国です。昨年の「9.11事件」以降ますます世界のトップリーダーの国としての権威を高めています。テロに関連した心配等あると思いますが・・・やはりアメリカ、政情の安定感や会社の信頼度、特許関係の訴訟などでも強さを発揮します。また扱う通貨の単位も馴染みやすい世界基軸通貨の$ドルですし、日本とも親交の強い国なので何かと安心です。

また、有名なタックスヘイブン地域への会社設立を勧める声や代行会社も多数あります。
これらの地域は租税回避地で、税制上優遇されてはいますが・・・。資産隠しなどの特別な目的や租税回避などが目的でタックスヘイブン地域にペーパーカンパニーをつくるのならともかく、海外法人を利用・運用しようと思うなら、イメージや地の利が悪いタックスヘイブン地域での設立はあまりお薦めはできません。
タックスヘイブン地域とは、ヨーロッパ(ジャージー島・マン島・スイスなど)やカリブ海(バージン諸島・ケイマン諸島・バハマなど)に代表される、国土が狭く人口も少なく、これといった産業もない島国や小国のことです。タックスヘイブン地域の会社というだけで、多方面から悪いイメージを持たれてしまっているのも現状です。

米国やハワイに株式会社を設立すると、○○○,INC. ○○○,LTD. ○○○,CORP.  などの商号になります。

日本でも最近はカタカナの社名が多く、「○○○株式会社」よりも「○○○・インコーポレイテッド」のほうが馴染みやすいかもしれません。
「○○○・バンク」や「○○○・セキュリティ」や「○○○・インシュアランス」も同様です。
しかもこの海外で設立した法人は、「外国会社の登記」という方法で、日本の法務局に「法人」として登記ができます。そして、内国の法人と同等の法人格を持つことになるのです。

大小問わず海外より日本へ上陸している企業のほとんどが、この「外国会社の営業所登記」をすることによって日本国内において支店・支社として営業を行っているのです。


アメリカにつくった会社を、ただのペーパーカンパニーとして運用するのなら、どこの州で設立しても同じようなものですが、アメリカは州法によって法律が微妙に違います。
設立上・税務上優遇されている、デラウエア州やネバダ州で設立するのも一つの考え方ですが、アメリカの会社を有効に使ってビジネスをしようと考えたら、迷うことなく知名度の高いハワイ州での設立をお薦めします。


ハワイはアメリカ合衆国の50番目の州

ハワイといってもアメリカ合衆国の50州あるうちのひとつの州です。
ハワイ州に設立された法人は正真正銘のアメリカ合衆国ハワイ法人です。

成田から約6〜8時間、日本から一番近いアメリカ

ビジネスの展開次第では、現地へ飛ぶこともある事と思いますがメインランドまでは約10時間〜約12時間程度かかります。ハワイは約6時間〜8時間で行けます。
日本から一番近いアメリカがハワイです。ホノルル便は、渡航費も安いです。

日本人が多く、ほとんどの場所でカタコトの日本語は通じます

ハワイは日本人観光客が多く、現地で働く日本人、居住する日本人も多い事で有名です。
日系の2世・3世・4世の方々も非常に多いです。ワイキキを中心としたホノルルは、狭い地域に産業が集中しており、この狭いホノルルの地区に沢山の日本人がいるのです。
日系の企業やお店も多く、ほとんどの場所でカタコトの日本語が通用します。
空港やホテルや病院だけでなく、銀行や会計士や弁護士などにも日本人スタッフが多いので、ビジネス展開の上でも有利です。

ハワイを拠点にアメリカ各州で活動できます

ハワイの本社を拠点にすることで、アメリカ各州で事務所を開設してのビジネスも可能です。この場合は各州で事業届けを出すだけで大丈夫です。
ハワイに法人を設立することで、ビザや永住権の取得の近道にもなります。

サービス内容と料金

ハワイ法人設立トップページ

なぜ米国に会社を設立?

米国での会社設立の意味
なぜ米国ハワイ州なのか?
ハワイ法人設立のメリット&デメリット

ハワイの株式会社設立概要

ハワイ州会社登記の詳細
コーポレートキット
口座開設と運営・維持

外国会社の日本登記概要

外国会社の日本登記詳細
日本登記完了後の届け出
日米の納税申告・経理

法人設立サービスの内容

ハワイ法人設立の準備
登記完了までのスケジュール
サービス内容と料金表
ハワイ法人年間維持更新
質問と回答Q&A

お申込みフォーム

ハワイ起業プラン
ハワイ法人設立プラン
ハワイ法人+日本登記

ハワイ法人設立の付帯サービス

ワイキキ・レンタルオフィス
ハワイ移住・ビザサポート
抽選永住権DVプログラム

弊社のご案内
特定商取引に関する法律
お問合せフォーム

弊社でご提供しますサービスは・・・
ハワイでの起業をお考えの方向け、ハワイ法人設立後、将来の日本登記をお考えの方向け、それぞれプランに応じたサービスをご用意しております。お気軽にご相談下さい。

米国ハワイ法人設立のお問い合せフォーム

このページの先頭へ戻る
ハワイ情報の事ならアロハロードへお任せ下さい!
ハワイのお役立ち情報
ハワイに泊まる
ハワイで遊ぶ・体験

ハワイの写真館

ハワイ6島のホテル一覧

ハワイでドライブ・レンタカー

ワイキキ周辺の地図

ワイキキのコンドミニアム

ダイヤモンドヘッド登頂記

ハワイの基礎知識

ヒルトン・タイムシェア

ワイキキ・カタマランクルーズ

ハワイ便利帳(お役立ち)

ヒルトンタイムシェア体験宿泊

タイムシェア説明会

ハワイで学ぶ・ハワイ留学
ハワイで暮らす
ハワイを知る

魅力のハワイ留学

抽選永住権DVプログラム

おすすめガイドBOOK

ハワイ語学英語学校

ハワイ不動産情報

ハワイアンミュージック

サマースクール・親子留学

ペット(犬・猫)と行くハワイ

ハワイ・アメリカ体験記

マッサージスクール留学

ハワイで起業・法人設立

ハワイ・子連れ旅行記

ホノルルネイルアカデミー

ハワイ移住コンサルティング

アロハロードのハワイ情報