ヒルトン・タイムシェアのご案内

タイムシェア・オーナー様からのお便り紹介

ヒルトン・グランド・バケーションズのタイムシェア

全国で63,000組以上の日本人オーナー(2019年6月末現在)

ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブは、米国を中心に世界に55ヶ所のタイムシェア・リゾートを展開し、世界31万組を超えるオーナーにサービスを提供しております。 特に日本人に人気が高く、充実したプログラムと安心の日本語サービスで、日本全国63,000組以上のオーナー様にご利用をいただいております。

オーナー様から届いたヒルトン・グランド・バケーションズの素敵なタイムシェア体験のお便りをご紹介します。

娘夫婦とのハワイ旅行

私達はハワイが大好きで毎年旅行をしています。
ハワイ旅行中にヒルトンのタイムシェアの説明会に参加し、車一台分で購入できるとの説明に、その日に購入を決め、すでに 8年が経ちます。
以前はパックツアーで旅行をしていましたが、その時とは比べられない旅になっています。 去年孫が生まれ、今年は娘夫婦と孫、私達夫婦の5人でオアフ島に行ってきました。
孫はまだ離乳食ですので、自炊ができる事が条件になってきます、 レンタカーで、好きな時に買い物に行き自炊ができる広いキッチンとリビングがある部屋で暮らす様に過ごせた旅でした。
孫にとっては、初めて入る海がコオリナの海。初めての花火もラグーンタワーのラナイ・・ なんて贅沢な・・(笑)私達にとってタイムシェアとの出合いは素敵な出会いでした。
すでに予約をする時から楽しみが始まっています。

両親からの贈り物

毎年数回、母と一緒に旅行に行くのが楽しみです。
父も旅行好きですが、仕事が忙しく行く時間がありません…。
いつかどこかに別荘を買って数週間から数ヶ月単位でのんびりできたらいいな、というのが当時の母の口癖でした。 そんな時、ハワイでヒルトンのタイムシェアから勧誘を受けたのです。
当時ハワイに別段の興味が無かった私たちは、一度は断ったものの、帰国前日に、別荘をどこかに持つよりも世界中にあるヒルトンに泊まる方が断然いい! と母は思い、帰国ぎりぎりに売り出されていたオーランドの物件を購入しました。
初めて使ったのはラスベガスでした。広々とした室内にのんびりとした優雅なスペース。モデルルームに滞在しているかのような感覚なのに自由気ままに使える気楽さ。母も私もタイムシェアの魅力にすっかり虜となりました。
それから2年後、弟が結婚した際も、一度目はハワイで挙式を上げたので、お嫁さん夫婦の分もお部屋を取りました。家のようにくつろげる空間に一同みな喜んでくれて楽しさも倍増でした。 ポイントにも満足し、これ以上の物件に興味は無かったですが、つい先日再度訪れたラスベガスでのこと。 今まで説明会も面倒臭いからと毎度スルーしていましたが、予定を何も入れていなかったので初めて参加することにしました。
母、娘で話しを聞いている中、エリートオーナーの魅力を語られ、私はこれまた心がうずうずしてくるのを感じました。 「私はもちろん買えないけど…・・・さすがにエリートは興味ないだろうなぁ」 と思ったのですが、母は思いの他前向き。あれよと言う間にトランプの物件にグレードアップしラスベガスヒルトンを購入し、エリートオーナーになりました。
母は言いました。 「あなたも○○君(弟)も旅行好きでしょ。お金を残してあげるという選択もあるけど、それでは何も残らない。これを買って二人で仲良く使ってもらえたら活きる財産になるかなと思って」 専業主婦の母が父にも相談せず、また二つの物件を購入するのは気が引けると言っていましたが、帰国後報告した父はふーんとだけ言っていたらしいです。
父はハワイの挙式で見るまでは、「騙されている!」と揶揄していましたが、実際部屋を利用している時、リビングにごろんと横になりNKHを鑑賞している父に、「いいよね? ここ」と訊ねると、「うん、いい」とこくりと頷いた姿が印象的でした。
今は高齢の祖父の世話もあり、父も現役続行で数年は行けないと母は嘆いていますが、これからまた色々と楽しみが増えるのはドキドキします。 そうしてこんな贈り物をもらえる喜びを感謝して父母にいつか孝行できればと切に心に思っています。

妻への感謝の気持ち

妻が29年間勤めてきた職場を今年4月定年退職。
「お疲れ様、還暦おめでとう」 そんな妻への感謝の気持ちと、5月私達の結婚30周年をむかえる事もあり、「いつもとひと味違う思い出に残るハワイ旅行に」と思い昨年、カリアからワイキキアンにグレードアップし念願であったワイキキアンのペントハウスに泊まる事にしました。
当日ワイキキアンに着くと35階の専用ラウンジに行きチエックイン。ラウンジはラグーン側でレインボータワーを眼下に海の景色も素晴らしく、スタッフの方に二人の写真を撮って頂きました。
私達の部屋はアラモアナ側でアラモアナ方面が一望でき、部屋は二人では広すぎるぐらい。おまけにリビングで食事をしながらサンセットが見られ大変満足しました。
ラウンジでは夕方、アルコール類やププが提供されオーナーはそれぞれのスタイルでスローライフを満悦されています。 そんな中でお友達を誘って来られていたステキな御夫婦と色々お話をさせて頂く機会があり、おいしい白ワインをいただきながらハワイでの楽しい一時を過ごす事ができました。
又昨年あるツアーで一緒だったご夫婦(ヒルトンオーナー)と偶然お会いしお互いがびっくりする一場面もありました。 私達がオーナーになって5年になりますが今年ほどヒル友(ヒルトンオーナー)とお会いできお話が出来た事はありませんでした。
今年の旅行は私達二人にとってたくさんの素晴らしい思い出をいただきました。これもタイムシェアを持っていればこそで感謝の気持ちで一杯です。 来年も沢山のヒル友にお会いできるのを楽しみに、今から心がウキウキしています。

今では兄夫婦も私と共にメンバーです。

兄の退職慰労にワイコロアに招待。今では兄夫婦も私と共にメンバーです。
仕事一筋に生きて来た兄が退職。結婚しても私たち弟の面倒をみてきた兄は、旅行といえばツアー旅行くらいの経験しかありませんでした。 そんな兄夫婦へリフレッシュの旅をプレゼントしようとワイコロアへ招待しました。ワイピオ渓谷を乗馬で散策し、ケアラケクア湾のサンゴ礁で魚と戯れ、ローカルのスーパーでの食材やワインを買って、広いキッチンで思い思いのクッキングを楽しむ。 コテージ風の部屋には広いベランダと裏庭があり、ディナーの後は満天の星空を仰ぎながらゆっくりとワインをかたむけ、朝は雄大に横たわるマウナ・ロアを眺めながらの朝食。のんびりとくつろぎ、そして、充実した時間をともに過ごしました。
帰国後しばらくしたある日、義姉から「ワイコロア・タイムシェアリゾートのメンバーになったよ。」と電話があり、あっけに取られてしまいました。また一緒にワイコロアへ行こうと約束、両方のタイムシェアを利用して長期の滞在が楽しめそうです。

私たちに最高の幸せをくれた…

私たちに最高の幸せをくれたHGVCをハワイ好きな人たちに教えてあげたい。
旅行好きな私たちの、毎年の家族旅行はいつも海外へ。
子供が産まれてからは、きれいな海と白い砂浜。自然の海に泳ぐ魚を子どもたちに見せたくて、毎年ハワイに来ることが多くなりました。最初は海から離れた格安ホテルに泊まっていたのですが、長男(9歳)長女(7歳)次男(4歳)が生まれて子供の数が多くなると、海に遠いのはなにかと不便でした。 そんなときHGVの説明会を知り、迷わずメンバーシップ購入をし、ラグーンタワーの宿泊も今年で2回目になりました。オーシャンフロントの2ベッドルームには子どもたちも大満足です。ラナイからは左手にダイアモンドヘッド、すぐ目の前に青い海、そして右手にはヨットハーバーが一望のもとです。 サンセットや夜景の眺めも最高!HGVCを手にしたことは、私たちファミリーにとって最高の幸せになったと感じています。ハワイ好きな人や小さなお子さんのいるファミリーにもぜひこの幸せを手にして欲しいと思っています。

僕のラグーンタワーでの過ごし方…

日本にいると朝は毎日慌ただしいけど、ラグーンタワーでは、ゆっくりのんびりできます。
思いっきり朝寝坊して、僕とお父さんはラナイでお母さんの作った朝食を食べます。波の音をききながら食べる朝食は格別です。そして、ハワイの空気をいっぱい吸ってとっても元気になります。朝食のあと、ホテルの庭で植物観察をしました。僕が決めた今年の夏休みの自由研究は「ハワイの植物」です。 ホテルの中だけでも僕の知らない植物が沢山あり、いくら時間があっても足りないほどでした。部屋では勉強と食事を作る手伝いもしました。ラグーンのプールでは思いっきり遊んで、夜は広いベッドでゆっくり寝ます。・・・それが僕のラグーンタワーでの過ごし方です。

マウナケアの絶景を仰ぎながら…

マウナケアの絶景を仰ぎながらのゴルフ三昧は天国そのものです。
私たちはハワイに足を運びはじめて17年のハワイ大ファン。なかでも、ビッグアイランドはゴルフ好きな私たちにとっては、まさに天国。ベイクラブを数年前に購入してからはビッグアイランドが第二の我が家になりました。 細やかに気遣ってくれるスタッフも、快適な滞在になくてはならない存在です。最初は怖々だったレンタカーのドライブも今では手慣れたもので、ゴルフ場へ、火山へと行動することが楽しくなり、スーパーでの夕食の食材探しさえ、今や楽しみの一つです。 また、昨年のハワイ滞在中、ベイクラブ所有者ならHGVCのメンバーになれることを知らされ、HGVCの魅力的なメリットや、信頼できるスタッフの人間性に惚れ込んで、さっそくHGVCに入会。 それからは、クラブメリットを充分に活用して、ハワイ島でゴルフ三昧に浸った身体を、ホノルルのラグーンタワーでゆったり癒してから帰路につくことにしています。

ポイントを上手に使いこなし…

ポイントを上手に使いこなし毎年色々な楽しみを満喫しています。
日本を出る日は梅雨のはしりで雨模様。でもホノルルではいつも通り爽やかな雲と碧い海と空に出迎えられました。前回は息子夫婦・孫二人と一緒だったので2ベッドルームのオーシャンフロントで賑やかに過ごしましたが、今回は夫婦二人だけなので1ベッドルームを使用。 少しでも長い滞在をとゴールドシーズンを撰び、ポイントをうまく使って1カ月の滞在が実現しました。広く快適な部屋で読書やキルトをして過ごすも良し、スーパーに行ったりお弁当を作っての遠くのビーチでのんびり過ごすのも良し、バスを利用すれば行動範囲もグンと広がり楽しい出会いもありました。 私は今、ゆったりした時間を過ごせる拠点としてラグーンタワーを購入して、本当に良かったと心から思っています。長いようで短かった1ヶ月ももうすぐ終わり。大好きな街路樹のシャワーの花ともしばらくお別れです。

「ハワイ長期滞在」の夢と母親孝行の夢

「ハワイ長期滞在」の夢と母親孝行の夢、その両方がラグーンタワーで叶いました。
初めて訪れた15年前から20数回目となるハワイ旅行。そんなとき飛び込んできたのが、私達夫婦の夢「ハワイ長期滞在」に一歩を記すヒルトンのタイムシェアの話でした。ヒルトン・ハワイアン・ビレッジに初めて訪れた私たちは見学会で大感激!迷わず購入を決定し、三人の娘も大喜びしてくれました。 昨年5月には4歳の孫娘、84歳の母(初の海外旅行)、娘と友達夫婦を従え来訪。ホノルル空港到着時からツアーとは気分が違いました。部屋のドアを開けて目に飛び込んできたラナイに広がる海、空、ダイヤモンドヘッド、私たちはますますハワイの虜になりました。 孫娘は広い部屋ではしゃぎ、母もラナイからの美しい風景に「長生きして本当に良かった」とポツリ。キッチンで夕食を作ってワイワイ食べたり、朝はラナイで遅めのブランチを摂ったりと、ゆったりした時の流れを肌で感じています。

色々な感激の中で過ごす1週間

色々な感激の中で過ごす1週間、ワイコロアに恋をしてしまったようです。
標高4,200mを超えるマウナケアから眺める夕陽と星空、沸き上がるキラウエア火山の溶岩、ザトウクジラの勇壮な姿・・・。
ブランド店が並ぶショッピングセンターはないけれど、ここにはワイキキを卒業した私達がリゾートを心から楽しめる空気と、ゆるやかに流れる豊かな時間があります。年間300日あまりを晴天のなかで過ごせるワイコロアは、いつう訪れても青空で私たちを迎えてくれるうれしい場所。 2回目のハワイ島旅行のときにベイクラブ購入を決めて、あれから1年、私たちはすでに3度もベイクラブに足を運んでいるほどここが大好きです。近くのマーケットで食材を調達すれば、東京と変わらない食生活だってできるし、 車で1~2分でゴルフ場でわずか55ドルで思い立った時にプレイが楽しめる「ベイクラブの1週間」、ここの暮らしは毎日が素晴らしくて、もうすっかり虜です。

何もしないのにハッピーになれる!

何もしないのにハッピーになれる!ここではそんな心の贅沢を楽しんでいます。
「1週間もハワイで何をしているの」と良く聞かれる。
冗談半分に、何もしない、だから行くんだと答えてみせる。実際、経験のない人には説明が難しい。プールサイドでの読書、ラナイで海を見ながらのモーニングコーヒー、のんびり音楽を聴く毎日など、数え上げればきりがない。 楽しみ方は人それぞれだけど、日本で日常できないことを思う存分できるのがHGVCの魅力だと思っている。両親などは、海と空と時々よぎる飛行機を眺めるだけでもあきないと言い、CDと双眼鏡は欠かせないアイテムになっている。 それに何でも揃うホテル内なら年老いた両親だけの外出も安心できる。その分私自身の時間もとれるし、年々知り合いが増える両親にとっても、良いストレス解消と若返りの機会になっている様子。ただ、楽しみの幅が広がって年々荷物が増えるのが贅沢な悩みになっている。

ヒルトン・グランド・バケーションズ

『バケーションのある人生』…ヒルトンのタイムシェアなら実現できます。

世界的なホスピタリティ企業として代表的なヒルトン・グランド・バケーションズは、ヒルトン・ワールドワイドの100%出資関連子会社としてフロリダ州オーランドを拠点に、第一級の行楽地における優良バケーションオーナーシップ・リゾート制度の企画・開発、販売、及び、管理を行っております。

タイムシェア・プログラムは、 「土地所有権付権利書付き物件」 を購入いただくことで、バケーションオーナーシップとして、ホームリゾートを毎年ご利用になれるほか、58ヶ所に及ぶホームリゾート以外のヒルトン・グランド・バケーションズのタイムシェア・リゾートや、世界4,000ヶ所以上のヒルトンファミリーホテル、8,000ヶ所以上の提携リゾート、 日本国内では東急リゾートサービス運営のリゾートホテルの利用が可能です。


ヒルトンのタイムシェアをさらに詳しく知る…

ヒルトン・グランド・バケーションズでは、ヒルトンのタイムシェアを知っていただくために、 タイムシェア(バケーション・オーナーシップ)説明会期間限定体験宿泊プランカタログ資料、をご用意しております。

タイムシェア説明会では、「タイムシェアって何?」「会員リゾート権とは違うの?」といった、皆さまからの様々な質問に、専任のスタッフがお答えし、オアフ島やハワイ島の魅力やヒルトン・グランド・バケーションズの柔軟で機能的な「タイムシェア・プログラム」を分かりやすくご紹介致します。

ヒルトン・グランド・バケーションズのフリーダイヤル

<< 前のページに戻る

アロハロード・インコーポレイテッド