魅力のハワイ留学 > ナーシングホーム・福祉ボランティア留学

ナーシングホーム・福祉ボランティア留学

ハワイの介護福祉、ボランティア留学のご案内
ダイヤモンドヘッドの写真へ

福祉ボランティア留学 (ナーシングホーム) のご案内

ワイキキ郊外にあるアイランド・ナーシング・ホームは、60〜80才の方が入居している老人ホーム。 身寄りのない子供も施設内で生活しており、日系人の方も多く、日本語の話せるボランティアスタッフは現地スタッフの助けにもなり貴重な存在です。 

ハワイの花の写真へ

参加するには施設スタッフの指示やアドバイスが理解できる程度の英語のコミュニケーション能力が求められます。

主な内容は、施設に入っている人達の話し相手になったり、ゲームを一緒に楽しんだり、本を読んであげたり、食事のサポートをしたりと様々です。

…人と思いやりを持って接することができ、現地スタッフと英語による最低限のコミュニケーションが取れる方を歓迎します。


● 福祉ボランティア参加料金 手続料:$520

ボランティア
参加期間

週15時間
〜週18時間

<料金に含まれるもの>
ボランティア参加費、健康診断、ツベルクリン検査費、英会話レッスン5時間分、空港〜滞在先の往復送迎、現地サポート費、修了証

<料金に含まれないもの>
滞在費、航空券、海外旅行傷害保険、個人費用(お土産代、チップ、交通費など)

※参加期間以外に準備の1週間が必要です。

2週間

$1,130

3週間

$1,290

4週間

$1,360

5週間

$1,390

6週間

$1,440

7週間

$1,470

8週間

$1,490


参加資格

 1.最低限のコミュニケーションが取れる英語力があること
 2.介護関連の仕事の経験者、又は将来的に介護に携わる仕事を目指す方
 3.目的意識、責任感のある方(日本語での電話面接あり)
 4.海外旅行傷害保険に加入している方
 5.現地で携帯電話を持つこと(長距離電話料金になる電話は不可)

最初の1週間はハワイ州に規定に従い現地の病院でツベルクリンテストを受けていただき、健康であることを証明。そして合計5時間のプライベート英語レッスンでボランティアでよく使う英語表現を確認します。そして2週間目からいよいよ実際に福祉施設(ナーシングホーム)でボランティアを開始!ボランティア期間は2〜8週間。

ボランティア時間は9:00〜12:00、又は14:30〜17:30のどちらかを選択頂けます。
基本的に週4日の参加が条件ですが、午前を希望の場合は週6日も可能です。

※ お申し込み受付後に英語力診断テスト&電話面接があります。
  ・必要な場合には、英語の筆記試験を行います。
  ・審査結果によっては、ボランティアに参加できない場合があります。
※ 現地コーディネーター、現地施設には日本語を話すスタッフはおりません。
※ このプログラムは現地病院で受けるツベルクリン検査後に参加できます。
  結果が陽性の場合は、レントゲン検査が必要です。(実費自己負担$150)
※ 手続き開始後、出発前に参加希望者が現地の状況に適応できないと
  判断した場合、ご参加頂けない場合があります。
※ 航空券・滞在先の手配が別途必要となります。


●スケジュールの一例

到着日

 現地コーディネーターがホノルル空港で出迎え
 空港の往復送迎は、オプション料金$116が別途かかります。

最初の1週間

 ・施設の担当スタッフと面接
 ・ホノルル市内の病院にてツベルクリン検査等
 ・トレーニング(マンツーマン英語レッスン5時間)
 ・コーディネーターと現地の病院へ(ツベルクリンの結果を聞く)
 ※必要な場合はレントゲン検査有
 ※ 到着後の1週間はボランティア参加できません。

2週目〜終了

 月〜金曜日:週15時間〜18時間のボランティア

帰国日

 現地コーディネーターがホノルル空港まで送迎


ハワイでのチャイルドケア・ボランティアのご案内




◎ ハワイ留学時の滞在先

ホームステイ、寮、ホテル、コンドミニアム、バケーションレンタル、ロングステイに適したアパートメント等、留学生の皆様の為に数多くの滞在施設と契約し、「留学+滞在先」のパッケージプランをご用意しております。
また、最近では留学生のみならず、多くの観光客の方々にもご利用いただいており、滞在先のみの手配も承っておりますのでお気軽にお問合せ・ご相談下さい。



ハワイ留学のお問合せフォーム

ハワイ留学英語留学サマースクールプリスクール親子留学

ネイル留学ロミロミ留学カルチャー留学ボランティア留学

このページの先頭へ戻る
ハワイ情報の事ならアロハロードにお任せ下さい!